大村高校サッカー部

2021年08月02日
勝負と記録。
今日もオリンピック盛り上がってますね。

大村市出身の廣中選手が、
5000m決勝で日本新記録を樹立しました。
スタート直後から自分でペースを作り、
最後まで腕を振って勝負する姿は、
本当に強い選手だなと感じさせられました。

女子1500mの田中選手、
男子3000m障害の三浦選手、
陸上の若い選手たちは、
みんな自分でペースを作り出し、
勝負を繰り広げていまいた。

相手に合わせることもなく、
冷静に展開を読みながら、
自分のベストを尽くす。

サッカーにも通じるところかな
と思います。

その一方で、チームが勝ちはしたものの、
いまいち表情が冴えなかったのが、
アメリカ戦に先発した野球日本代表の田中投手。

落ち着いた受け答えをされていましたが、
その表情からは、次に向けて、
すでにメラメラと燃えているような、
そんな雰囲気が伝わってきました。

スポーツには、
勝ち方にも色々あると感じました。

自分のベストプレーが出来た上で勝つ試合と
不満が残るプレーだったけれども
結果としては勝ったという試合では、
満足感や充実感は全く違うと思います。

まだ次があるのであれば、気持ちを切り替えて、
チームの勝利に貢献できるプレーを
次こそは出来るようにと準備し、
今回以上の結果を求めていく。

さまざまな条件や対戦相手、
試合に向かうメンタルや体のコンディション。
本当に満足できるパフォーマンスのときもあれば、
思うようにいかないときもあります。

しかし、どんな状況になっても、
どんな競技、どんな種目であっても、
準備を怠らない。

それが、どんな場面でも
最も大切なのかなと思います。

常にベストを尽くす!

そんなプレーを積み重ねていけるように、
日々のトレーニング、食事と休養、
試合に向けた準備に取り組んでいきましょう。

勝負の神様は細部に宿っていますよ。