大村高校サッカー部

2020年11月25日
学んだのは “ 前向きな姿勢 ”
振り返りより。

今回学んだのは “ 前向きな姿勢 ” についてです。
選手権の諫早商業戦では、
初めから引き気味でプレーして、
守備から入ることが多かったけど、
今回の総附2nd戦では、
最初から前にグングン行ってました。
そのおかげで、FWがPKを取り、そのPKを決め、
とてもいい出だしだったと思いました。

例えミスが重なって失点したとしても、
誰も下を向いていなくて、
また自分たちの流れに持ってきたのも
とてもいいと思いました。

なんとか3点目が取れたあとも、
集中していて、ミスをしたとしても、
自分の体を投げ出してまで防ぐことができたのは、
下を向かず、前向きな姿勢で戦い抜いたから
だと思うので、改めて前向きな姿勢で下を向かないこと
の大事さを学べました。

僕は、このピッチい立ちたいと思いました。
このような試合に出るのは、
決して簡単じゃないので、
日常生活も含め、小さなことも意識して、
これから過ごしていきたいです。


リーグの最終戦は、
区切りとして、良いゲームとなりました。
チャレンジできたし、勝ちにもつながったし。

しかし、大事なのはこれからです。
テスト明けのトレーニングや試合で、
この良い状態が継続できなくては、
意味がありません。

サッカー部としては、テスト休みを使って、
気持ちも身体もリフレッシュし、
テスト明けの練習が良いスタートとなるように、
新人戦中地区予選を意識しながら、
日々、生活を送っていきましょう。

できることは、必ずやり続けましょう!